2017年7月22日土曜日

20170722

※日々思いついたことを箇条書きにし、それにまつわることがあれば詳しく書いていく。なければそれ以上なにも書きません。想像してください。そんなブログです。

■努力は辛いけれど、心は安定する
ずっと努力はしているつもりなのですが、たまに心がついていかなかったり、どうしてもだらけてしまうことがあります。
そんなときはいつも余裕がなくなって、小さなことにストレスを感じてしまうことも多々あったり。
少し前までそんな状態だったのですが、心機一転して自分のなかで努力と呼べることを頑張ってしてみると、心にゆとりが生まれて、なんでも来いというくらいの気持ちに変化しました。
だらだらするのも楽なのですが、努力をして心を安定させたほうが僕としてはよっぽど楽でした。
これからもだらけてしまうことはあると思いますが、そのたびにこのことを思い出して奮起しようと思います。

■人の些細な優しさで嬉しくなる
これもちょっと前ですが、いろいろと傷ついてしまって、曲が書けなくなって辛かったときに、ハンバーガー屋の店員さんに丁寧に接客をしてもらって不覚にも感動してしまいました。
それほど弱っていた自分に笑いがこみあげてくると同時に、人と喋りたかったのかと気付きました。
人と話すのは苦手だけれど、やっぱり話してみると楽しいし、人と会うことは好きなのかもしれないと思いました。

■ぼのぼの森カフェに行ってきた
行ってきました。念願のぼのぼのカフェ。
カフェがはじまると聞いたときは、忙しくて行けないだろうし、「ふーん。」くらいに思ってたのですが、いざ行けることになり、その日が近づくと待ち遠しくて仕方なくなってしまいました。
珍しくお腹が膨れるくらいたくさん食べてしまったり、グッズも、普段まったく買わないのに複製原画含めてたくさん買ってしまいました。
僕は子供のころからぼのぼのを見ていて(特にアニメ)、比喩ではなくテープが擦りきれて映像が映らなくなるほど何回も見ていました。
ぼのぼのが考えていたことや、体験したことが自分の体験のようにずっと心に残っています。そしてそれらは、僕の作品にたくさんの影響を与えています。
いつかぼのぼの好きの仲間を集めて、アニメ全話の鑑賞会をするのが野望です。

■本多さんと比嘉さんと打ち合わせ
すでに年単位の計画がざっくりと打ち立てられ、その実現に向けて動き出しています。
少し前にも書きましたが、僕はここで小説を書いています。(たまに音楽もやってます。)
まだ言えないことばかりなのですが、こちらはこちらで世の中に一石を投じられる可能性を感じています。
もし情報が公になった際は、応援よろしくお願いします。

■ウェンディシンドローム2017をUPしてみて
二年前の今頃、バンドが解散した後1人でこの先どうやって自分の作品を出していくかを考えていました。
結局、表立った活動はせずに制作に明け暮れ、去年やっとアルバムをだして、同時にMVや小説、ゲームも公開しました。
製作中の一年間、本当に音沙汰がない状態だったのですが、反応してくれた方、待っていてくれた方が多くて驚いた記憶があります。
人々の趣味趣向がすぐに移り変わっていく世の中で、僕の作品がその人たちの心に残っていたのだと思うと嬉しくて仕方がありませんでした。
今回も、自分の生活と、時計塔プロジェクトの創作活動を濁らせないために、別の制作活動に明け暮れていたのちの公開となりました。
そして今回もまた、待っていてくれた方が思っていたよりもいてくれて嬉しかったです。
もちろん、この状況に甘んじるつもりはありません。けれど、感謝の気持ちは忘れずにこれからも作っていきます。
早くこの状況を打破して、自分がわくわくするような最高の作品をまた作りたいです。
僕も自分で自分の新しい作品を待っているので、早く作れって思ってます。頑張らせますのでしばしお待ちを。


時計塔プロジェクト 吉岡
公式サイト( http://clocktower-project.com/ )
Twitter( @Clocktower_PJ )

2017年6月17日土曜日

20170617

※日々思いついたことを箇条書きにし、それにまつわることがあれば詳しく書いていく。なければそれ以上なにも書きません。想像してください。そんなブログです。

■ウェンディシンドローム2017VerをUPしました
先日、再録・再ミックスしたウェンディシンドロームをアップしました。
時計塔プロジェクトが発足して1周年。その記念日になにかしたいと思い、考えた結果、再録の楽曲を配信することにしました。
最近は完全に裏方の作業ばかりで、プロジェクト立ち上げが早すぎたのかもしれないとよぎるこの頃。(締め切りがあると優先せざるを得ないのです…)
けれど、こんな感じでも成長だけはしているはずなので、それが一番分かるであろう方法を今回とらせていただきました。

ウェンディシンドロームは去年の今頃に公開した楽曲で、挫折と、それでも諦めきれない気持ちなど…とても言い表せない複雑な感情を描いています。本当に大切な楽曲で、再録するならこの曲からと決めていました。
今のところ他の曲の再録は考えていませんが、もっと大きな記念日が来たら、1stアルバムの再録をしたいなとなんとなく思っています。

今回、ちょっとだけピアノでアレンジができるようになったので、その要素も入れてみました。(イントロ部分のみ、ピアノが弾ける方に音色や音選びなどを手伝っていただきました。)
実はこれでも以前よりトラック数が減っておりまして、できるだけ音の役割を把握して、少ない音数で表現できるようになってきたかなと、自己評価しております。もちろん、まだまだ及ばないところはたくさんありますが…。

そんなわけで、現在ウェンディシンドロームの2017Verを配信中です。
期間限定の公開で2017年7月11日まで無料ダウンロードができます。(※ダウンロードはPCのみ。SoundCloud内の「…」というボタンを押すと、ダウンロードの選択画面がでます。下記リンクよりどうぞ!)
https://soundcloud.com/clocktower-project/wendysymdrome-2017/s-kRq86
(※公開終了しました。ありがとうございました。)

このプロジェクトは大きな広告をだしてやっていく予定もなく、できるだけ「作品の良さ=ファン」の状態でじわじわと末永く活動を続けていきたい思っています。その公式が濁らないように、今、裏方のお仕事だけでも生活できるようにと頑張っていたりします。
ここらへんの話は僕のエゴなので今は割愛しますが、もう少し胸を張って「このプロジェクトはすごいんだぜ!」と言えるようになったらお話したいと思っています。

今回の作品を含め、時計塔プロジェクトを好きになってくれた方がいらっしゃれば、近くの趣味が合いそうな人に勧めてもらえると嬉しいです。やたらめったらじゃなくて大丈夫です。本当に好きなってくれそうな人だけで十分です。

しばらくは鈍行運転ですが、これからも時計塔プロジェクトをよろしくお願いします。


時計塔プロジェクト 吉岡
公式サイト( http://clocktower-project.com/ )
Twitter( @Clocktower_PJ )

2017年5月28日日曜日

20170528

※日々思いついたことを箇条書きにし、それにまつわることがあれば詳しく書いていく。なければそれ以上なにも書きません。想像してください。そんなブログです。

■隣でハードディスクを説明をしている業者にやきもき
僕はいつも、仕事の休憩時間にファミレスで小説を書いているのですが、たまたま隣にいた人たちがハードディスクの営業さんとその説明を受けている人(多分購入者)で、どうしてもその会話が耳に入ってきてしまいました。
営業さんの説明は専門用語が多くて、購入者の人は何だかちんぷんかんぷんな様子。そのうちデータを移すためのソフトとかをインストールしだして、パソコンをよく使う僕もよく分からない用語で説明をしはじめていました。
小説を書いていると、とにかく簡潔に伝わる文章を考える頭になってしまいます。
そのせいで、普段は気にしない会話もすごく気になってしまい、あまり集中できない休憩時間になってしまいました。けれど、その分野が苦手な人にも分かりやすく説明するってすごく難しいことですよね。専門用語の方が簡潔な場合は特に。

■服をルーチンで回しているとたまに上下一色になるときがある
そういうときは、大抵他の色の服は洗濯に出してたりします。最後の悪あがきで、靴下の色だけ違うやつにしたりします。

■グリプラのレコーディングにお邪魔してきた
最近、苦手なジャンルの作曲ばかりしていて頭が痛くなったので、いい刺激をもらおうとグリズリー・オン・ザ・プラネットのレコーディングにお邪魔してきました。
彼らの音楽は前衛的かつ挑戦的で、けれどキャッチーな心は決して忘れない感じがとてもいいのです。二人の、特にトコマくんの人間性が表れているような気がします。
スタジオは、以前僕がやっていたバンドでベースを弾いていたイチさんのご自宅。なかなか機材が揃っていて、DTMをやる人が憧れるような部屋でした。
宅配で頼んだピザを食べながら、音楽のことや、彼らのこれからのことを聞いたりして、帰る頃にはすっかり元気になってました。ありがとうグリプラ。(ちなみに、僕の声で録ったにぎやかしは採用されたのでしょうか…。)

■本多さん、比嘉さんと一日かけて打ち合わせしてきた
こちらもゆっくりと動いています。僕は主に文章を書かせてもらっています。本多さんの話によると、僕の作品で「感動できた」と言っている人がいたようで、昨年から続けていた頑張りがある程度報われたのかなと思いました。
けれど、まだまだできることはたくさんあります。感動だけでなく、人生にいい影響を与えられるくらい、素晴らしい作品を目指して作り続けます。

■作家は孤独な生き物

■また体調崩してもうた…
4月の中ごろに引くほど風邪をこじらせてしまったのですが、また今月も風邪をひいてしまいました。しかし前回の反省を活かして、違和感があったその日に病院へ行き、診察とお薬をもらって、何とか3日くらいでもちなおしました。
そろそろ無理がたたりはじめていますが、こんな理由じゃ辞められません。
本当にやばいなと思えるまで、走ることは辞められません。僕が身を投じているのは、それほどの覚悟がいる世界ですから。


時計塔プロジェクト 吉岡
公式サイト( http://clocktower-project.com/ )
Twitter( @Clocktower_PJ )

2017年4月17日月曜日

20170417

※日々思いついたことを箇条書きにし、それにまつわることがあれば詳しく書いていく。なければそれ以上なにも書きません。想像してください。そんなブログです。

■親知らずが痛すぎる
ちょっと前の話ですが、僕にもとうとう親知らずが生えてきました。
今まで親知らずのおの字も知らないくらい音沙汰がなかったのですが、ここにきて上左右の親知らずが生えはじめ、ごはんもろくに食べられないくらい痛み出してしまいました。しゃべるのも痛くて、無口に拍車がかかる始末。
なかなか歯医者に行くタイミングがなく、結構悪化した状態で歯医者さんに行ったのですが、丁寧な治療とお薬の力で一週間足らずで痛みも治まりごはんも食べられるようになりました。無口は治りませんでした。

■ちゃんとしたごはんを食べるべき

■エイプリルフールでも嘘つけない

■久々にすごい風邪ひいた
3月の忙しさに目を回しながら、なんとか乗り切ってほっとしていた矢先に風邪をこじらせてしまいました。吐き気や頭痛はなく、食欲もいつもどおりあったので悲惨な感じはありませんでしたが、のどにそれらが集中してしまったようで、しばらく咳が止まりませんでした。しゃべるのも痛くて、無口に拍車がかかる始末。
今回もなかなか医者に行くタイミングがなく、これまた結構悪化した状態でお医者さんに行ったのですが、またまた丁寧な治療とお薬の力で一週間足らずで快方に向かっていきました。
こうして文章に起こしてみると、親知らずと全く同じ流れですね…。
もちろん無口は治りませんでした。


時計塔プロジェクト 吉岡
公式サイト( http://clocktower-project.com/ )
Twitter( @Clocktower_PJ )

2017年3月8日水曜日

20170308

※日々思いついたことを箇条書きにし、それにまつわることがあれば詳しく書いていく。なければそれ以上なにも書きません。想像してください。そんなブログです。

■twitterの使い方
今現在、サイトもツイッターもすべて僕が管理しているのですが、やはり制作中心の生活をしていると広報という発想がなくなってしまいます。
僕自身、そんなに個人を売り出す気はなくて(苦手)、そのぶん作品を前面に推していきたいと思っています。なので、あまり僕のプライベートや考え方などはツイッターでは呟きません。
しかし、制作ばかりしているとみなさんに発信できることが少ない…。なにかうまいことできないか考え中です。

■12月、1月、2月と目が回るほど忙しかった
もはや忙しいよりもきつかったと言った方が適切かもしれません。
3か月間、時計塔プロジェクトでない楽曲制作に追われ続けていました。僕は締め切りがあると、月単位の場合は大体1週間前、年単位の場合は1か月前には提出できるくらい納期を意識するのですが、この3か月間は毎月納期の前日に完成して送ることが多かったです。切羽詰まるとはこのことかと身をもって知りました。まあ、完成度に関して青天井で要望されていたので、僕が勝手にこだわりまくったせいでもあるのですが…。
しかし、何度も言ってくどいようですが、音源のレベルは着実に上がっています。今は、「本当にこれ一人でやったの?」って疑われるくらいのクオリティで新アルバムを仕上げてやるぜと思っています。
伝えたいことや形にしたいことがたくさん出てきたし、今月から少し落ち着く予定なので、僕の趣味全開のポップでキャッチーで切なくてあったかい歌をたくさん作ろうと思います。

■アルバムに向けて逆算した計画を立てている
上に書いた3か月間のおかげで、曲を作るスピードが上がったので、もしかしたらストックと合わせるとしっかりと曲数をそろえられるかもしれないと淡い期待をしています。
もちろん、作り方が雑になったわけじゃなくて、DAW(DTM)のシステムを定型化(?)して、より直感的かつ理論的に詰められる環境を整えました。
音楽でも、新しいことはたくさんあって、それに挑戦する楽しさがあります。それらを極めて初めて、僕にしかできない何かがあるのだと信じています。
まずは、僕ができるようになったことすべてを次のアルバムにぶつけますので、よろしくお願いします。
そして、新曲のMVも動きかけています(まだ打ち合わせの日程決めるくらいだけれど)。次の映像作品もよいものになると思うので、お楽しみに。


時計塔プロジェクト 吉岡
公式サイト( http://clocktower-project.com/ )
Twitter( @Clocktower_PJ )

2017年1月19日木曜日

20170119

※日々思いついたことを箇条書きにし、それにまつわることがあれば詳しく書いていく。なければそれ以上なにも書きません。想像してください。そんなブログです。

■あけましておめでとうございます
だいぶ遅くなってしまいましたが(箇条書きしたときは元旦でした)
みなさまあけましておめでとうございます。
年が明けて、少しずつ時計塔プロジェクトのアルバムにも着手し始めています。
目標は夏にミニアルバム(時間があればまたフルアルバム)が作れればと。
機材強化やアレンジの勉強もはじめて、現時点でクオリティがあがる予感がしています。
完成する日がすごく楽しみです。

■ピアノ買ったけど全然弾けない
上記の機材強化の一環でピアノを購入しました。
MIDI機能付きのキーボードです。タッチは割と重めで弾いていて楽しいです。
しかし僕は昔、3ヶ月本気で練習して挫折した過去があるので、今回はそうならないように、簡単なものから少しずつ練習していこうと思います。
次回のアルバムまでに1曲、ピアノの曲を作りたいですね。

■2017年の活動について
ツイッターにも書きましたが、今年はよりクリエイティブな年にしようと思っています。
表現者としての鍛錬もまだまだですが、僕はなにより良いものを作りたい、クリエーター側の人間でして、最高に良いものを作るまでは最高の表現はできないのでは、と思いました。
作詞作曲はもちろんのこと、アレンジや理論的な勉強も怠りません。精進していきます。
小説に関しては、文章力の強化はもちろんのこと、ストーリーとキャラクターをより綿密に練り上げることが必要だと感じています。
僕は想像の余地をかなり残して終わるタイプの作品が好きで、そんな感じのものを作ってしまうのですが、たくさんの人に触れるものを作るためには、より隙のない、それでいてあえて想像の余地を残す作りをしなくてはならないと思いました。
ゲームに関しては、小説と被ってしまうところはありますが、より魅力的なストーリーとキャラクターを練られればと思います。
その他にも、システム的、操作的な面白さも追求していきたいですね。
まずは、JavaScriptの習得を目標に頑張っています。

■食材を買い込んで1週間レシピで過ごしたい

■初コミケ
去年の年の瀬、制作仲間(時計塔プロジェクトとは別のプロジェクト。前ナユタ)と制作の協力者を探しにコミケへ行ってきました。
初コミケ。僕達は三日目の午後に行ったのでだいぶ熱量が収まっていたのでしょうが、自分をあらゆる手法で表現している方が多く、すごいなーと思うと同時に、表現できていることを羨ましく感じました。
どんな売り方やどんな表現手法があるのか、いろいろ学ばせていただきました。
ウェンディシンドロームのMVを作ってくれた大城さんも出店しており、無事に挨拶もできたのでよかったです。
そして、そのまま近くの温泉に入りながら年を越し、深夜に初詣に行き、
40分ほどさまよった挙句、年越しそば(ラーメン)を食べて大晦日、元日を過ごしました。
今年はいい年になりそうです。


時計塔プロジェクト 吉岡
公式サイト( http://clocktower-project.com/ )
Twitter( @Clocktower_PJ )